UVだけじゃない!マイクロサイズの可視光LED‼

ご承知の通り、弊社は、紫外線(UV)LED専門メーカーですが

海外のお客様からの強いご要望にお応えして

赤(Red)緑(Green)青(Blue)

可視光マイクロLEDチップを開発致しました!(^^)!

 

従来の赤色LEDには、砒化ガリウム(GaAs)ガリウム燐(GaP)

使用されていますが、材料的に劈開性があるので割れやすいだけでなく😱

材料の屈折率が3.5もあるため、光の取り出し効率が低いという課題があります(>_<)

 

そこで、青色の材料インジウム窒化ガリウム(InGaN)を用いて

最小24μm×48μm赤色LEDチップと同時に

12μm×24μmの青色緑色LEDチップの開発に成功☆彡

【赤色マイクロLEDチップ発光の様子】

 

VRグラスなど、次世代ディスプレイの開発者の皆様!

全て同じInGaN材料で作製したRGB可視光LEDのサンプルを、

来月11月初旬より、販売致します(^^♪

 

通常、マイクロLEDチップはフルカスタマイズで

作製依頼を請けており、1種類、1波長のチップ作製の場合でも

初期費用を入れると、500万円以上が必要(+_+)

 

それが、

『マイクロR・G・B+UV-LEDチップお試しキット』として

UV各1ブロック1セット、100万円(税別)

購入できます(≧▽≦)

 

ブロックサイズは、17mm×13mm。

1ブロックには、9種類のサイズのチップが形成されているので

ディスプレイ用途に最適なサイズを見つける事が出来ます!

お試しキットは、数両限定30セットですので、お早めにお求め下さい(^_-)-☆

 

詳しくは、弊社HP(下記URL)をご確認下さい(^O^)

http://www.nitride.co.jp/news/news20221027.html